姿勢と呼吸の一致

こんにちは、尾山です。

これから「姿勢」についてのお話をします。必ず、「正しい姿勢」からお読みください。まずは「正しい姿勢」を頭で理解し、「正しい姿勢」に対するこれまでの誤解を解き、観念を破壊し、新しく構築していくことから始めることが大切です。そしてその理解を基に実践に移し、真偽のほどを自身で確認するのです。


さて、「姿勢と呼吸の一致」についてのお話です。


1.伸びやかな姿勢

伸びやかな姿勢


2.たるんだ姿勢

たるんだ姿勢


3.リキんだ姿勢

リキんだ姿勢


姿勢が伸びやかなら、呼吸もまた伸びやかとなり、姿勢がたるんでいるなら、呼吸もまたたるみ、姿勢がリキんでいるなら、呼吸もまたリキ(イキ)みます。


1.内旋・前屈形
内旋形(立位)


2.基本形(非旋・中立形)
基本形(立位)


3.外旋・後屈形
外旋形(立位)


伸びやかな姿勢でも、内旋・前屈形の姿勢では吸いづらく吐きやすくなり、基本形(非旋・中立形)の姿勢では吸いやすく吐きやすくなり、外旋・後屈形の姿勢では吸いやすく吐きづらくなります。

一般的な「山の体位」では、全体一致の原理に反して、脚を内旋させつつ骨盤を起立させ、背骨を中立させています。これでは、息は吸いづらく吐きづらくなり、「なんか息苦しい……」となるだけです。

一般的な「猫の体位」と「牛の体位」、いわゆる「キャット&カウ」や、「太陽礼拝」など、「前屈と呼息の一致」「後屈と吸息の一致」という原理に基づいて行われています。しかしながら、その全ては内旋形で行われているため、姿勢は全体一致しきれておらず、姿勢のリキミと呼吸のイキミが起こらざるを得ないのです。


もちろん、アンバランスな姿勢では100%リキミが起こるため、イキミもまた100%起こります。次に、解りやすい後と後で比較してみます。

1.伸びやかな姿勢(後屈)

伸びやかな姿勢(後屈)


2.リキんだ姿勢(後傾)

リキんだ姿勢(後傾)


後屈姿勢は快適であるため、呼吸もまた快適になります。後傾姿勢は不快適であるため、呼吸もまた不快適になります。見るだけでも、しんどく、息苦しい……。


私は、どのような姿勢でも、自由に呼吸を制御することができる。


そうではないのです。それは「自由に」ではなく「自分勝手に」です。姿勢の状態に合わせて、呼吸の状態もまた、自ずから然りと変わらなければならないのです。イキムにせよイキまないにせよ、姿勢の状態に協力して呼吸の状態も変化する、それが「姿勢と呼吸の一致」の原理です。足の向き一つ、手の向き一つ、顔の向き一つ変わるだけで、自然と呼吸も変化するのであり、姿勢を調えずして、呼吸だけを調えようとしても、それは原理的に不可能なのです。

● 調気(プラーナーヤーマ)

2-49 さて、坐りが調ったところで、調気を行ずる。調気とはあらい呼吸の流れを断ち切ってしまうことである。

佐保田鶴治著『解説ヨーガ・スートラ』 P113 より


姿勢から調えましょう。




コメント


認証コード7406

コメントは管理者の承認後に表示されます。