脚と骨盤の一致

こんにちは、尾山です。

これから「姿勢」についてのお話をします。必ず、「正しい姿勢」からお読みください。まずは「正しい姿勢」を頭で理解し、「正しい姿勢」に対するこれまでの誤解を解き、観念を破壊し、新しく構築していくことから始めることが大切です。そしてその理解を基に実践に移し、真偽のほどを自身で確認するのです。


さて、「脚と骨盤の一致」のお話です。


「正しい姿勢」に書いてある通り、骨盤の角度は「脚(股関節)の状態」に大きく依存しています。例にも示しましたが、股関節よりも膝が適切に下方に位置していなければ、骨盤は自然と後傾するものです。そして骨盤が後傾すれば背骨は自然と前屈するものです。

排便姿勢

排便姿勢2

上の絵図は、拙著『ハタ・ヨガの修行法』の中で、正しい排便姿勢を解説しているものなのですが、股関節より膝が上方に位置している姿勢ですので当然、骨盤は後傾しています。さすがに「姿勢を正して排便しなさい!(骨盤を立て、背骨をS字に……)」とは誰も注意しないことでしょう。その通り、これが排便を目的としたときの正しい姿勢です。


「姿勢を正して排便しなさい!(膝を股関節より高くして、骨盤を後傾し……)」


では、ここから骨盤を起立していくとどうなるでしょうか? 膝は下方へ移動していき、踵は上がっていき、両膝は外側へ大きく開いていくはずです。膝が開いている人は、無理なく骨盤が立っている人です。膝があまり開いていない人は、無理して骨盤を立てている人であり、無理して膝を閉じている人です(あるいは骨盤が立っていない人です)。

詳しくは知りませんが、相撲取りの蹲踞(そんきょ)のような、あるいはバレリーナの1番グランプリエのような姿勢になります。相撲取りも、バレリーナも膝を大きく開いています。それを踏まえて、次の絵図を見てみます。

1.
内旋形(立位)


2.
基本形(立位)


3.
外旋形(立位)


上の3つの絵図の中で、どれが正しい姿勢でしょうか。おそらくパッと受ける印象も三者三様で、絵図1は何だか重く陰気で内向的、絵図3は何だか鋭く陽気で外向的、絵図2は両極の間で朗らかといった感じでしょうか。

ヨガの用語で説明すると、絵図1はより停滞質(タマス)な姿勢であり、絵図2はより純粋質(サットワ)な姿勢であり、絵図3はより激動質(ラジャス)な姿勢となります。

ですから、ヨガの目的に従い、より純粋質に気質(エネルギー)が調いやすい絵図2の姿勢が、尾山ヨガ教室における基本の立位姿勢、つまり山の体位(ターダーサナ)です。しかし実のところ、3つの姿勢は何れも「全体一致」という原理に適っています。


つまり、どれも正しい姿勢です。




◆ 脚の旋回と骨盤

では、一つずつ「脚」と「骨盤」に注目していきます。

1.内旋形
内旋形(立位)



絵図1の姿勢では、足先がより前方を向き、脚が内旋しています。そして骨盤は適度に後傾しています。

ちなみに、背骨は適度に前屈しています(「S」字の下の曲線は浅く湾曲し、上の曲線は深く湾曲している)。

2.基本形(非旋形)
基本形(立位)



絵図2の姿勢では、足先が前外方を向き、脚が内旋も外旋もしていません。そして骨盤は起立しています。

ちなみに、背骨は前屈も後屈もしていません(中立のS字カーブ)。

3.外旋形
外旋形(立位)



絵図3の姿勢では、足先がより外方を向き、脚が外旋しています。そして骨盤は適度に前傾しています。

ちなみに、背骨は適度に後屈しています(「S」字の下の曲線は深く湾曲し、上の曲線は浅く湾曲している)。

ヨガ指導者を含め、「姿勢」に携わる多くの人たちに「無・理」が起こるのは、この「脚と骨盤の一致」という「原理」を「無視」しているからだと言えるでしょう。それによって、「正しい姿勢=骨盤が立ち、背骨がS字カーブで……」などと部分的姿形に囚われてしまうのです。


4.一般的な山の体位の一例
一般的な山の体位



一般的な山の体位では、脚を内旋しているにもかかわらず、骨盤を起立しよう、胸骨を吊り上げよう、顎先を引こうなどと頑張っているので「不安定・不快適」であり、各所で勢力がぶつかり合い、各所に負担をかけることになります。

その上、膝を伸ばしたり、腕、手先を伸ばしたりする場合も見られ、さらに勢力(エネルギー)は滞ります。世間一般的にも堅苦しく、不自然に感じる姿勢でしょう。それにもかかわらず、近・現代のヨガ指導者に見られる姿勢です。

ただし、状況や目的によっては、間違いなんてものは何一つありません。目的が変われば、その手段、その結果も変わるだけです。「目的」を誤解したとき初めて、その結果も過誤となるのです。


私は、身体を繊細に制御している


そうではないのです。それは「繊細に」ではなく「粗雑に」です。脚の状態に合わせて、骨盤の状態、背骨の状態、頭顔の状態、腕の状態、さらには停滞質、純粋質、激動質などの気質(エネルギー)の状態も、自ずから然りと定まるのです。

● 自然体位(全体一致)

無理を「しない」姿勢が自然体位である。何も「しない」でも、部分の変化に協力して全体が変化する姿勢が自然体位である。即ち、勢力の流れを邪魔することを「しない」ことによって、自ずから然りと収まる姿勢、それが自然体位である。

『ヨガの太陽礼拝』P30 1.調身行法 より


金剛の坐の場合は次のようになります。

内旋形
内旋形(金剛の坐)


基本形
基本形(金剛の坐)


外旋形
外旋形(金剛の坐)


椅子坐の場合は次のようになります。

内旋形
内旋形(椅子坐)


基本形
基本形(椅子坐)


外旋形
外旋形(椅子坐)


繰り返しますが、どれも「正しい姿勢」です。




◆ 足下を正す

机に向かい、椅子に座って仕事や勉強をするとき、姿勢を正そうとする方も多いのではないでしょうか。しかし、いくら努力しても、気が付いたら猫背(前屈姿勢)になっている。そして「姿勢を正すのは疲れるなぁ……。」

そうです。その理由はただ一つです。頑張っている(無理している)からです。一般的な椅子(あるいは正坐)では、骨盤が適度に後傾し、背骨が適度に前屈するのが自然なのに、それを無視して無理矢理「骨盤を起立しよう」と頑張っているからです。

おそらくですが、テレビドラマなどの演出でも、江戸時代の武士が正坐しているときや、戦国時代の武将が床几(しょうぎ)に座っているとき、膝は外に開いていることでしょう。それは頑張っていないため、緊張のゆるんだ正しい座り方(アーサナ)なのです。

● 坐法

2-46 座り方は、安定した、快適なものでなければならない。

2-47 安定した、快適な座り方に成功するには、緊張をゆるめ、心を無変なものへ合一させなければならない。

佐保田鶴治著『解説ヨーガ・スートラ』 P112 より


足下から調えましょう。




コメント


認証コード7986

コメントは管理者の承認後に表示されます。